友乃家のブログ イメージ画像

2018年01月

分不相応なことを考えているなあとも、思います。うちの会社は田舎のほんの零細企業にすぎません。それなのに、私はどうしてもこれを諦めることができませんでした。実現のための明確な方法がわかっているわけでもありません。今わかっているのは、自分のリーダーシップがこ

私たちの会社は「福祉」の会社ですが、普段社内で福祉の話をすることはほぼありません。何年か前から社内で頻繁にしている話は、「自立」「危機感」この二つです。甘えの気持ちは誰にでもありますが、これを放置しているとこれは連鎖してどんどん大きくなり、いずれは組織ご

「権利」私はこの概念がとにかく嫌いです。相手が誠実に応えてくれた場合にしか成立しないこの概念を、私たちはいかなる場合でも信じるべきではないと思います。「権利なんてものはそもそも存在しない」このくらいがちょうどいい。

戦時中は「御国のために」という価値観が存在したようです。今は「個人を尊重する」という価値観の時代です。「御国のために」と聞くと、やや傾きすぎのような気はします。それでも、「個を個を尊重する」という価値観よりはまだはるかに健全な気がします。個を尊重すると、

なんだかいつも、怒っているような気がします。何年か前からだと思います。いえ、実際に腹が立つんです。何に対しても、です。でも本当に腹が立つのは、わかっていても解決できない力のない自分自身に対してなんだと思います。問題を解決できない男の命に、果たして値段がつ

↑このページのトップヘ